ゴルフ練習場でスコアアップを実現

まずスライサーの人は右端の打席に立ってゴルフトレーニングをおこないましょう。このトレーニングする方法では、自分なりの「絶対に右に曲げない打ち方」というものを見付けることに大きな意味があります。

 

そして勿論そのうち身に方が着けば、それがコースでは間違いなく大きな武器となるでしょう。右にすぐあるネットを池やOBラインなどに見立てて、ぜったいネットに当たらないみたいに打ってみましょう。

 

逆にフッカーの時はこの逆のトレーニング方法をすることが、効果的にゴルフ練習場を使う事が出来ます。新宿などのゴルフ練習場では、打席のすぐ横にネットのある両端の打席は打ち出す方向が限定をされるので、到底敬遠をされマジではないでしょうか?だけど、フッカーやスライサーにとってはこの両サイドの打席での練習が非常に利用価値が不廉デス。

 

それは人により違いはあるのですが、スタンスだったり、ボールの位置を少々右に寄せることだったり、テイクバックの方向を合打ちサイドにする事だったりなど、離れ離れかもしれまれんが全然問題ありません。そう意識して何球も打っていくうちに、スイングの良し悪しは別として、しだいに「右に曲げないコツ」のようなものがわかってきます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ